国立循環器病研究センターは、今年4月にオープンイノベーションセンターを設置し、7月の北大阪健康医療都市(愛称:健都)への移転とともに、企業等との共同研究拠点となる「オープンイノベーションラボ」を整備し、運用を開始しました。

 産学連携によるオープンイノベーションにより次世代の医療・ヘルスケアの実現をめざしている施設を、一度見学してみませんか。また、入居されている企業様のお話もお伺いします。これをきっかけにビジネスチャンスが見つかるかもしれません。

[開催日時] 令和元年10月23日(水) 15:00~17:00

[会  場] 国立循環器病研究センター 研究棟

        ※吹田市岸部新町6-1(JR岸辺駅前)

       (案内図URL)http://www.ncvc.go.jp/rdic/about/access.html

[参加対象] 吹田市内又は摂津市内に事業所を有する方

[募集人数] 40名(1事業所2名様までとさせていただきます。先着順)

[内  容] 1.「国循の健都移転の概要とオープンイノベーションセンター(OIC)」

         国立循環器病研究センター・オープンイノベションセンター長 湯元  昇 氏

       2.施設見学(班ごとに分れて行います)

       3.(入居企業事例紹介)「超精密試作技術で医療現場を変える」

         株式会社クロスエフェクト 代表取締役     竹田 正俊 氏

[集合場所] 研究棟4階受付(病院エントランス棟とは入口が異なります)

       ※JR岸辺駅連絡橋から1階に下りて線路沿いを京都方向に直進(170m)

【お申込みはこちらの申込書にご記入の上、FAXにてお申込みください】