次世代の医療・ヘルスケアを実現するためには、世界中に広がるリソースを活用するオープンイノベーションが必須となっています。
ところが、我が国では研究人材の流動性が極めて低く、オープンイノベーションに必要な知識の流動化が未発達です。
そのため、国立循環器病研究センター(国循)では、北大阪健康医療都市(健都)移転を機にオープンイノベーションセンター(OIC)を設置し、
必要な知識が結集し、リソースを活用できる仕組みを構築しました。
そこで本シンポジウムでは、新センターの中に設置した「オープンイノベーションラボ」において
“一つ屋根の下に”共同研究を展開している企業や健都に結集が予定されている企業、研究機関、地元自治体の方にご講演、パネリストをお願いし、
ヘルスケア事業におけるオープンイノベーションの可能性と課題について議論できるシンポジウムを企画しました。

詳細はこちらからご覧ください