法定雇用率の達成やCSR活動の観点からも必要がある障がい者雇用。一方で、障がいをお持ちの方に任せる業務の採算が合わない、または任せる業務がないなどの理由により、雇用が進まない企業様が多いのも事実です。

今回のセミナーでは、雇用の現状や実態をご説明しつつ、障がい者就業生活支援センターの特徴である障がい者の業務の整理を活かした話や雇用したがすぐに離職してしまうなど雇用の継続のための具体的な雇用事例などをお話しします。それを踏まえて、グループディスカッションも行う事で現場に落とし込んでいただくセミナーとなっております。

障がい者雇用促進セミナー ~経験談に学ぶ”離職しない雇用”とは~
講師 【1部】 内藤 祐輔氏(障がい者就業・生活支援センター センター長)
【2部】 のぞみ福祉(支援機関)
開催日時 2018年10月18日(木)
14:00~16:00
開催場所 吹田商工会議所 大会議室
参加費 無料
定員 20名
内容 【1部】障がい者雇用の現状と実態について
【2部】支援機関が語る雇用事例発表
【3部】グループディスカッション

■申込方法:申込フォームまたはFAXよりお申し込みください。

■募集締切:2018年10月16日(火)
※ただし、定員20名(定員に達し次第締め切ります)

■主  催:吹田市、ハローワーク淀川、吹田商工会議所

■協  力:大阪府商工労働部、すいた障がい者就業・生活支援センターsuitable